プチ整形で理想の二重をゲットしよう|魅力アップの法則

微笑む女性

パッチリ目元を作るには

看護師

メスを使わない美容整形

近年、主として若い女性の間で関心が高まっているものにプチ整形があります。プチ整形とは美容整形術の一種ですが、従来の外科手術を伴うような本格的な整形ではなく、もっと簡単な施術で効果を上げることのできる医療手段をいいます。美しくなりたいけれど肌にメスを入れられるのは怖い、という人でも安心して受診できるうえ、心理的抵抗感もそれほど大きくありません。今後はメイクとほとんど変わらない感覚で手軽に利用する人が増えていくものと考えられています。一口にプチ整形といっても種類は多種多様です。もっともポピュラーなのはシワ取りで、薬剤を注射するだけで肌のハリを取り戻すといった技術が実用化されています。また多くの女性が憧れる二重瞼もプチ整形によって実現することが可能です。

短時間で手軽に実現

二重瞼を形成する美容整形といえば、従来は瞼を切開して上下に折り重ね、その後縫い合わせるという外科的手法が一般的でした。これに対してプチ整形では、埋没法という技術が採用されています。埋没法とは切開を行うことなく、瞼の皮を折りたたんでそのまま糸で縫い合わせ、二重のヒダを作るというものです。メスは使わず、針と糸だけを用いて施術を行います。糸は術後には完全に隠れてしまうので、外から見えることはありません。埋没法による二重瞼形成術は10分程度の短時間で施術することができ、ダウンタイムも平均して3日前後と切開による手術よりずっと短くて済みます。瞼をあまり激しくこすったりすると糸がはずれてしまうリスクがあるのでその点は注意が必要ですが、普通の生活を送っている限りでは効果はずっと持続します。