プチ整形で理想の二重をゲットしよう|魅力アップの法則

微笑む女性

埋没法の需要と進化

笑顔の婦人

手軽さと術後の注意点

整形手術を受けると、しわが目立たなくなったり、鼻が高くなったりと、非常に高い美容効果を得ることができます。しかし体にメスを入れることになるので、出血や痛みが伴いますし、術後には腫れや内出血が生じます。そういったダウンタイムを生じさせないように、メスを使わずにおこなわれているのが、プチ整形です。プチ整形には様々なものがありますが、中でも特に需要が高いのは、二重まぶたにする埋没法です。糸でまぶたを裏側から引っ張り、二重となる溝を作るというプチ整形で、わずか10分ほどで施術が終わります。手軽な上に出血もほとんどなく、術後の腫れや内出血も少なめとなっています。ただし、術後はまぶたはデリケートな状態になっているので、こすったり洗ったりすることは避ける必要があります。翌日になれば洗顔できるようになりますし、2〜3日経過すればメイクも可能になります。

より高い効果が出るように

需要が高まるにつれて、埋没法はより高い効果が出るものへと進化してきました。たとえば、以前と比較すると、細い針や糸が使用されるようになりました。細いということは、それを通す際のまぶたのダメージが少ないということです。細い分まぶたに小さな穴しかあかないため、出血量も腫れも一層少なくなったのです。また、細くなっただけでなく糸の弾力も高まりました。そのためギュッと強く結ぶことができる上、それがほどけにくくなったのです。ほどけにくいということは、仮にまぶたに強い衝撃を受けたとしても、糸がはずれにくいということです。つまり、二重の状態がより長続きしやすくなったわけです。プチ整形とはいえ、本格的な整形に劣らない効果が期待できるようになったことから、二重まぶたにするために埋没法を選択する人は、今後一層増えていくと予想されています。